After Word

あ と が き

まずは、長々とお付き合い頂きましてありがとうございます!
予定では10回程度のつもりでしたが、終わってみるとエピローグも入れて15回…。こんなに長くなるとゎ~(^^ゞ。
とりあえず、一番見てみたかったエピソード、ってコトで書いてみましたが、もちろんこのファンフィクそのままをエピにして…というイミではなく、パリスというキャラの設定を活かした話を、もっと見たかったという意味です。
第4シーズン前半あたりまでは、トム君の出番も多かったし、そういうエピもあり得るかもと期待したんですが…。Day of Honorでベラナとカップルになって以降は、セブンが加わったこともあって特に目立ったエピはなし。
もちろん第5シーズンからのキャプテン・プロトンは面白いし、大好きなんですケド、あくまでお遊びですからねぇ…(^~^A)。
Voyager全体を見ていくと、トム君のキャラをキチンと掘り下げてるエピって、皆無に等しいような気がしてきちゃうんですよ。
更正施設上がり(しかも原因になったのは死亡事故だし…)の彼がどうやってベラナの“良き夫”にまで成長出来たのか、ファンとしてはその過程こそ見たかったんですよネ~。
…まあ、終わっちゃったものに文句言ってもしょうがないですが、07年の再放映で、そのジレンマが再燃してしまったもので…(^^ゞ。
つまり、VOYが見れるのはうれしいんだけど、シーズンが進むに従ってだんだん盛り下がるという…^^;。
原因はやっぱり、1人1人のキャラをちゃんと掘り下げるエピが少ないからではないかと思えます。食傷気味になるくらい取り上げられるキャラはいるのに(ex;ドクター&セブン)、これではバランス悪くなって当然です。
まぁとにかく、一仕事終わってホッとしましたが、まだ見てみたい話はあるんですよネ~。f(^~^)
今のところ考えてるのは、オリキャラのアレン君とのコラボ以外には、ハリーとの友情にヒビが入る話。
第3シーズンあたりで、同じ女性を好きになっちゃって…みたいな話を考えてますが、どうなるでしょうか?

ところで、今回のファンフィクでは、トム君の隣の独房に入り込み、一番近くでトム君を励ますのがハリー君。
本来ベラナにすべきなんでしょうが、幽人Pがヴォイジャーで一番好きな場面が、トムとハリーの出会いのシーンと、あと例の「友達ぐらい選べるよ」の場面なんです。
トム君はフェレンギ商人からハリーを救いますが、実はあそこでハリーに出会ったコトで、ホントに救われたのはトム君の方なんですよネ。
更正施設に入れられたことで、家族もそれまでの友人も失ったはずのトム君。崖っぷちにいた彼を救ってくれたのが、ハリー君の存在だったと思うのです。
なので幽人Pのファンフィクでは、トム君の救世主は常にハリーになります。
ん~、だからちょっと、ビミョーにBLぽくなるんですよネ~(^^ゞ。

…あと、書き忘れるトコだったけど、今回のファンフィクで歌詞が登場してる曲は、Michael W Smithの歌うI'll lead you homeという曲で、1995年発表の彼の同名のアルバムの中に入ってます。
訳したのはもちろん幽人Pでして、英語の歌詞はあくまで参考ってコトで載せました。著作権侵害の意図はありませんが、問題でしたら英語の部分は削除しますのでお知らせ下さいマセ。
タイトルまでもらっちゃってることからも分かる通り、このアルバムをエンドレスで聴きながらこの作品が生まれました。

よろしかったら読後のご感想など頂けるとうれしいです。
右メニュー'Contact'クリックでお気軽にドウゾ♪

改めて、最後まで読んで下さってありがとうございました!m(__)m

- 幽人パリス拝 -